2011年5月29日日曜日

「固定種」なら「野口種苗」

「固定種」の種子を扱っている「野口種苗」さんのリンクです。

自分で食べる家庭菜園なら断然「固定種」が良いと思っています。

「野口種苗」さんは『暮しの手帖』42号(2009.10月号)でも紹介されていました。




「固定種」と対をなす「F1」です。

「F1」のデメリットは「自家採取では、同じ性質をもった種が採れない」ことにあります。

「F1」の細かい説明は以下のリンクにあります。

「固定種」と「F1種」の違い


個人的には家庭菜園なので、効率資本主義を徹底した「F1」で家庭菜園をするよりか、「固定種」でマッタリと園芸を楽しみたいと思っています。

2011年5月28日土曜日

クロックス ビストロ(Crocs Bistro)蒸れると靴擦れします・・・



クロックス ビストロ(Crocs Bistro)

穴が空いていなくて雨の日は快適ですが、蒸れる靴擦れします・・・

蒸し暑い日や、蒸れそうなひは靴下が必須ですね。

他のクロックスのシリーズより硬い履き心地です、長時間歩くときなどは靴下を履いたほうが良いと思います。

2011年5月15日日曜日

クロックス ビストロ(Crocs Bistro)は雨の日・ガーデニングにお勧め


クロックスのビストロ 

Crocs Bistro


クロックスの中では異色で「穴が全く空いていないモデル」です、また靴底に滑り止めが付いています

雨の日の散歩、ガーデニングに最適です。

これから梅雨に入るので出番が多くなりそう。

普通のクロックスに比べてしっかりしたつくりで硬い履き心地がします、(悪い意味でなく守られている感じがして良いです。)

ガーデニングでシャベルを落としても怪我しなそうです。

普通のクロックスを持っていて雨が気になる人や、ガーデニングのときに汚れるのが嫌な人にはかなりお勧めです。

2011年5月6日金曜日

「沖縄願寿ゴーヤー」を栽培します



今年の夏は「沖縄願寿ゴーヤー」の栽培に挑戦します。

説明によると

超大型で果長約30~35cm果長は平均で約500gになる。
肉厚で食味までも良い。
薄くスライスしてサラダに。
チャンプルーの具として炒めものに。
豊富に含まれているビタミンCは熱を加えてもこわれにくい。
夏バテ防止に最適。
とのこと、 家庭菜園をするからには大きい野菜が収穫出来たほうが断然楽しい、とくに「超大型で果長約30~35cm果長は平均で約500gになる。」に惹かれました。

現在、種を水につけて発芽を待っているところです。

2011年5月5日木曜日

酸性土壌の中和 カキ殻がお勧め

野菜作りをしている畑は土壌が酸化してきます。

酸性土壌を中和・矯正するタイミングとしては、種まきや植え付け2週間ほど前に石灰資材を投入します。

注意点として、土が固くならないようにまいたらすぐに耕し土と混ぜる。石灰は鶏糞などの家畜糞堆肥や窒素肥料と同時に施さないなどです。

石灰資材としては「生石灰、消石灰、炭カル、苦土石灰、貝化石粉、カキ殻」があります。

「生石灰、消石灰」・・・効果が強く、障害がおきやすい

「炭カル、苦土石灰」・・・効果がじっくりとあらわれる

「貝化石粉、カキ殻」・・・効果がゆるやかで、障害が起きにくい

家庭菜園で有機肥料を中心にするのであれば「貝化石粉、カキ殻」がお勧めです。

世界の民芸品「みんげい おくむら」

みんげい おくむら」さんの紹介。

民芸品の店は多々あるけれど、世界の民芸品を扱っているショップは少ない思います。

ネパールの民芸の「チベット仏教 ドラ」に惹かれます・・・

商品のセレクトもシンプルかつオシャレなものが多くてお勧めです。

初投稿

下記のブログで投資関係の話題を書いています、

「(仮称)マッタ~リ バリュー投資」

投資関係以外の話題についてはこっちのブログに書きたいと思います。