2012年7月3日火曜日

カボチャ栽培のコツ 甘くて大きいカボチャを作る ~葉15枚に1カボチャ~

カボチャ栽培のコツを紹介します。

甘くて大きいカボチャを作るワンポイント・コツをです。

1.着果して果実が肥大してきたら、
  ・着実節から先端まで15枚以上の葉があれば2果とも残します
  ・15枚以下であれば1果を摘果します
  →要は、葉が15枚につきカボチャ1個
  
  ※着果した先の雌花は、結実しないように摘み取ります

.受粉後、約50日経過して、爪をたててくい込まないほど硬くなったら収穫します


植物は葉でつくられた炭水化物と根から吸収した窒素からアミノ酸を合成して実に送ります。

なので、実が先端のほうにつくと節位が高くなると)、その先の葉の枚数が限られ果実に運ばれる栄養分が少なくなってしまいます。

見た目には果実が大きくなっていても、中身が充実せず軽くて甘味のない果実(うらなり)が出来るのはこのためです。

「パンプキン・バターナッツ」


<お勧めの本>
もっとうまくなる プロに教わる家庭菜園の裏ワザ
木嶋 利男 (著)


<関連投稿>
ゴーヤ栽培のコツ 根を保護する ~雑草を放置~
種の寿命
家庭菜園であまった種の保存方法
【家庭菜園】日陰でも育つ・栽培できる野菜
酸性土壌の中和 カキ殻がお勧め

0 件のコメント:

コメントを投稿