2012年8月6日月曜日

ジャボチカバ タネをまいてから発芽まで


目次
  • 約3週間で発芽
  • 約1週間後の成長の報告

約3週間で発芽

ジャボチカバの種を7月8日に蒔いて、7月28日に発芽しました。
約3週間で発芽したことになります。

写真では判りにくいかもしれませんが、細い糸のようなのがジャボチカバの芽です。
もっと大きい芽を想像していたので、こんなに細いとは驚きです。
さすが成長が遅い木と言われているだけあります、果実がなるまで時間がかかりそうですね・・・
ちなみに、大葉系と小葉系ともに発芽しているので、発芽までの期間に大きな違いはなさそうです。大葉系の芽の方が若干太くて大きい印象があります。写真は小葉系の芽です。

土は、
弱酸性の土が適しているので、
酸性土壌:ピートモス:バーミキュライト=1:1:1で配合しました。

※肥料はカビる可能性があるので入れません

屋内の日が当るところに置おいて、土が乾かないように毎日水を上げます。

思っていたより早く発芽したので嬉しいです。
夏で気温が高かったのも、発芽する環境には向いていたのだと思います。

約1週間後の成長の報告

8月5日、約1週間後の成長の報告です。

細い糸のような芽でしたが、1週間後にはだいぶ植物らしくなってきました。
先端には葉らしき物があります。
ヒョロヒョロしていますが1週間でこれだけ伸びるとは驚きです。
※手前の2つが前回投稿した写真の芽です

室内の光が弱いところで育てていると徒長しそうなので、もう少し大きくなったら屋外の日が当るところに出す予定です。

ちなみに、「大葉系」は赤ぽい芽、「小葉系」は緑色の芽です。

土は、弱酸性の土が適しているので、
酸性土壌:ピートモス:バーミキュライト=1:1:1で配合しています。
※肥料はカビる可能性があるので入れません

屋内の日が当るところに置おいて、土が乾かないようにこまめに水をあげています。

関連投稿


お勧めの本

熱帯果樹の栽培―完熟果をつくる・楽しむ28種
米本 仁巳 (著)

0 件のコメント:

コメントを投稿