2013年8月25日日曜日

ビーツの種まきと発芽




8月末にビーツの種をまきました、まく前日に1日水につけておきます。

まいた後に乾燥すると発芽しなくなるので、鉢にビニールをかけておきます(蒸れないように穴を開けます)

本などでは「くん炭」をかけるように書いてあるものもあります、ともかく乾燥するのが良くないようです。

その後、3日ほどで発芽をするので発芽したらビニールをとります。

ビーツは寒い季節の植物だと思っていましたが、8月下旬くらいに種をまくようです。

初めてビーツを栽培するので試行錯誤をしながらの挑戦になります。

私はわざわざ「くん炭」を買うのが面倒だったのでビニール袋で代用をしてしまいました。

くん炭は、炭のくせに結構高いですよね。
そんなに量を使うものでもないので、買うのが勿体無いと思ってしまいます。



こんな商品もあるんですね、「ステンレス もみがら薫炭器


庭が広かったら「くん炭」作りも楽しそうです。

<関連投稿>
ビート(ビーツ)の育て方

2013年8月17日土曜日

ガガイモ科 スタペリアの栽培に再挑戦



ガガイモ科 スタペリアの栽培に再挑戦中です、
数年前に育ていていたのですが冬の寒さにあてて枯らしてしまいました。

スタペリアは暑さには強いですが、
寒さに弱く、霜や雪があたると一発で枯れてしまうので要注意です。

今年は8月に入ってからで暑い日が続いていますが、元気に成長中です。
これくらい暑い方が調子がいいみたいで8月に入ってから新しい芽がどんどん出てきています。

5月頃から根が伸びだし、6~7月はだんだんと緑が濃くなり、8月から新芽がつきだすという具合です。

サボテン&多肉植物 (NHK趣味の園芸 新園芸相談 10)
日本放送出版協会



この本は1ページだけですが、スタペリアの育て方が解説されてます。
スタペリアは日本ではなじみが薄いので貴重な情報です。
まあ、寒さに気をつけて冬に断水をすればそんなに難しい種類だとは思いません。


<関連投稿>
スタペリアの育て方 冬の越し方
スタペリアに黒いススがつく症状はダコニールで解決・治りました
スタペリアに黒いススのような物がついたのでダコニールを使ってみました
ガガイモ科 スタペリアの栽培に再挑戦