2013年8月25日日曜日

ビーツの種まきと発芽

8月末にビーツの種をまきました、まく前日に1日水につけておきます。

まいた後に乾燥すると発芽しなくなるので、鉢にビニールをかけておきます(蒸れないように穴を開けます)

本などでは「くん炭」をかけるように書いてあるものもあります、ともかく乾燥するのが良くないようです。

その後、3日ほどで発芽をするので発芽したらビニールをとります。

ビーツは寒い季節の植物だと思っていましたが、8月下旬くらいに種をまくようです。

初めてビーツを栽培するので試行錯誤をしながらの挑戦になります。

私はわざわざ「くん炭」を買うのが面倒だったのでビニール袋で代用をしてしまいました。

くん炭は、炭のくせに結構高いですよね。
そんなに量を使うものでもないので、買うのが勿体無いと思ってしまいます。



こんな商品もあるんですね、「ステンレス もみがら薫炭器


庭が広かったら「くん炭」作りも楽しそうです。

<関連投稿>
ビート(ビーツ)の育て方

0 件のコメント:

コメントを投稿