2013年3月31日日曜日

室内のコンクリート(モルタル)打放しの床に塗る塗料 防水・防汚塗料について

室内のコンクリート(モルタル)打放しの床に塗る塗料を紹介します。

1.下塗りの塗料(下塗剤・プライマー)を塗ります
色々あると思いますが、仕上げに塗る塗料は油性の方が性能が良いことが多いので、下塗りの塗料も油性に対応したものとします。

アトムハウスペイント(家庭用塗料)油性下塗剤

この辺の商品ならばホームセンターでも売っているので手に入りやすいです。
アマゾンにはありませんが、楽天にはあります。

2.上塗材・保護材を塗ります
室内でも汚れることが多い場所などは「日特 防水一番」などの保護材を塗りましょう。
モルタル・木部・コンクリート用防水剤・厚手の繊維に使えます。
塗装するだけで、素材内部に浸透し長期間の防水・防かびの効果があります。

この商品はアマゾンでも取扱があります。ただ、ホームセンターの方が安いですね。


ちなみに水性の保護材とかもあるようですが、油性の方が効果が高いものが多いです。
油性は匂いがキツイのが難点ですが、効果を考えると油性にした方がいいでしょう。
後は、どの程度汚れる場所かで判断するのが良いと思います。

2013年3月24日日曜日

生ゴミで肥料を作る コンポスト色々

生ゴミで肥料が作れたらエコで環境にやさしいし、
ゴミを有効活用できるんじゃないかと色々と調べていたところ、
ホームセンターでこんな商品を発見。
このコンポストはだいぶ大きいので、大きい庭がないとつらそう・・・、容器の底は開いていて地面に埋める構造。(土の力を使うから分解とかも早そうですね~)
家庭で使うならこっちの方がいいのかも、小さいので便利そう。趣味の家庭菜園なら十分なサイズだと思う。

ちなみに、アマゾンでも同じものが売ってます、ただホームセンターと同じ値段。
実物を見て送料とかを考えると近くのホームセンターで買った方が良さそうです。
(アマゾンはDIYとか建材はあまり強くない様子)

エコに肥料を作るなら、ミミズの力も利用したいなとかかんがえると、容器のそこに穴が開いているタイプが良いと考えています。

ミミズの話  エイミィ・ステュワート、今西康子

ミミズが土を豊かにする力は凄いようです、この本をよんでるとミミズコンポストに挑戦したくなります。海外ではミミズコンポスト専用の容器なんかも売ってたりします、かなり高くて驚いた記憶があります。
ちなみに、ミミズが欲しかったら釣具やとかに行くと売っています。


2013年3月17日日曜日

水性塗料を保存できる期間

水性塗料を保存できる期間ですが、

水を加えてハケを直接入れた場合などは塗料が腐りやすくなります、1ヶ月以内で使い切るようにしましょう。

また、缶の溝に塗料が付いていると、次に使う時に蓋が開かなくなるので布などで拭くか、マイナスドライバーで削り落としましょう。

蓋が歪んでいて閉まらない場合は、缶ごとビニール袋に入れて密封し涼しい場所に保管します。
(気温が5℃以下では成分が分離するので冬場は室内に保管する方が良いでしょう。ちなみにこうすれば1年近く保管できます。)

DIY SELECTS4材料使いこなし大全
図やイラストが多く、かなり詳しい内容が載っているのでお勧めです。
ホームセンターで手に入って素人がDIYで利用する素材はほとんど解説されています。
金属材料、木材、接着剤、金具などなど

<関連投稿>
すり鉢 初めて使う時、手入れ、使い方
まな板をオリーブオイルでメンテナンス

2013年3月16日土曜日

副業のすすめ

ネットでまともな副業で月10万円以上稼ぐスモールビジネスについて・・詳細編

ネットでまともな副業で月10万円以上稼ぐスモールビジネスについて・・第一回

面白い記事があったので紹介します。

個人的に副業になんとなく憧れています。
色々と大変でしょうが、全部自分で決めて、それでお金がもらえるんは面白そうです。

サラリーマンの雇用・労働環境もだんだん厳しくなる中で、
「オレは副業があるんだ!」と思うことで、サラリーマンの仕事がうまくいっていない時に精神安定剤にもなりそうです。

そういえば、大学時代にロシアカメラのLOMOを売ってお小遣いを稼いでいたのを思い出しました。

マニアックなカメラなんですが、欲しい人は欲しいみたいで意外と人気がありました。
ただ、商品の単価が4,000円位で手間がかかるのに儲からなかったんで辞めてしまいました。
1台のロモを売って、500~1,000円の利益、手間賃を考えるとあんまりおいしくないです。

知り合いは、マジックザギャザリングのカードをヤフオクで売ってお小遣いを稼いでました。
そこそこいい収入だったみたいです。
地方だと都内のように専門店がないので、マジックをやっている人はなかなかカードを手に入れることが難しく、ヤフオクで意外と高く売れるそうです。

あと、ギターに詳しい知り合いは、中古のギターを転売して儲かっていたようです。

何か、好きな分野があって目利きができればネットショップでお小遣いになりそうです。

流石に「せどり=ブックオフでプレミアがついた古本を仕入れて、アマゾンで転売」は参入者が多くて儲からなくなってますね。

10年前だったら少し稼げたみたいですが・・・、”せどり”は情報商材にもなってるんでこれから始めて儲けるのは難しいでしょうね。

ちなみに、アート系の映画や、戦車とかのDVDは意外と穴だという噂を聞いたことがあります。

おもしろそうだと思った副業があったらとにかく始めてみて、走りながらいい考えるというのもありかもしれません。

ダブルキャリア―新しい生き方の提案
 
これをやれば儲かるということは書いていませんが、なんとなく前向きになれます。
生き方の具体例が多数紹介されていて、面白かったです。どうにかこうにか食べていけるんだなと思いました。(笑)

月3万円ビジネス
 
これは正直がっかりでした。地方で3万円ビジネスを複数持って稼ぐという主張です。
私にはまったく参考になりませんでしたし、アマゾンの評価が高かったぶんがっかりです。
どうしても興味があれば図書館で借りましょう!

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意
 
この本は実践的で勉強になりました。ただ、アフィリエイトじゃそんなに儲からないと思います。アルファブロガーになるのは大変でしょう。頑張っても見合った収入がえられないならば時間がもったいないです。

<関連投稿>
アンケートモニターは時間的にも絶対量的にも儲からない


2013年3月1日金曜日

都内に狭小住宅 ローコスト住宅を建てるという選択

都内に狭小住宅・ローコスト住宅を建てるという選択もありではないでしょうか。

建築家、東孝光の「塔の家(とうのいえ)」なんかが先駆けだと思いますが、
考え方は現代でも十分通用します。

郊外の広い家を購入するよりも、都内の小さい家という選択も合理的だと思います。

塔の家は都内の”6坪弱(20m2=平方メートル)”というかなり狭い敷地に建っています。
不動産としての資産価値を考えると少し敷地が狭すぎる気がします、あまりに小さいと不動産の売買が難しく、希望する価格で売却することができないことがあります。
(だからこそ安い価格で土地が買えるという見方もありますが)

ここまで極端に小さくなくて、もう少し広く売買がしやすい土地を購入し、ローコストで狭小住宅を建てるというのは面白いと思います。


お金に縛られないコンパクトな生活ってのもありでしょう!

<関連投稿>
都内の狭小地にプレハブ住宅を建てるというのは難しい
ガレージハウスの参考例 東京R不動産2より
1000万円台で建てた MY HAPPY HOME は巻末のローコストの要点特集が勉強になる
日成ビルド工業株式会社さんも現地の条件によりプレハブ建築は難しい
店舗・事務所用ユニットハウスの住宅利用は難しい
防火指定によっては建築不可なタイプのプレハブもある