2014年5月26日月曜日

バターナッツに再挑戦 一週間で発芽しました

今年も懲りずに、西洋かぼちゃの「バターナッツ」の栽培に再挑戦します。
今まで一度もかぼちゃ栽培で実がなっていないので今年こそは収穫をしたいです・・・。

約1週間前に種をまいて、今日発芽しているのを確認しました。

ちなみに、種をまく前に半日ほど濡れたティッシュなどの上でしっかりと水分を吸収させると発芽率が上がる気がします。

バターナッツのタネは2~3年位前の種ですが無事に発芽しました。

また、西洋カボチャと日本カボチャの仕立て方・摘心は異なるので注意が必要です。
(前の投稿も参考にして下さい。)

1.西洋カボチャの仕立て方
  子蔓を全て取り、親蔓1本に仕立てる。孫蔓も全て取る。
  親蔓1本だけの1本立ちの方が早く実がつく。
  (面倒であれば特に何もしなくても大丈夫)

.日本カボチャの仕立て方
  親蔓の5~6節で摘心をして、おおよそ本葉が5~6枚のころ。
  子蔓3~4本に仕立てる。
  孫蔓は全て取る。
  子蔓3~4本になったら後は特に何もせずに育てる。

「パンプキン・バターナッツ」


<お勧めの本>
もっとうまくなる プロに教わる家庭菜園の裏ワザ
木嶋 利男 (著)



井原豊の無農薬・旬の野菜づくり (園芸ハンドブック) 
井原 豊 (監修)


<関連投稿>
カボチャ栽培のコツ 西洋カボチャと日本カボチャの仕立て方・摘心の違い
カボチャ栽培のコツ 甘くて大きいカボチャを作る ~葉15枚に1カボチャ~
ゴーヤ栽培のコツ 根を保護する ~雑草を放置~
種の寿命
家庭菜園であまった種の保存方法
【家庭菜園】日陰でも育つ・栽培できる野菜
酸性土壌の中和 カキ殻がお勧め

0 件のコメント:

コメントを投稿