2014年3月29日土曜日

「食う寝る遊ぶ 小屋暮らし」はオシャレな小屋の本

食う寝る遊ぶ 小屋暮らし
中村 好文

流石は建築家の建てた小屋だけあって、シンプルかつオシャレです。
ディテールが綺麗に収まっているとシャープに見えます。
人気住宅建築家・中村好文さんが作って、住んで、実感した、人が「暮らすこと」の原点。
長野県の御代田に建てた小屋で愉しみながらやってきた「線と管に繋がっていない住宅」の実験が、電気に限らず、「地球規模の問題に対してできること」というより、自分の「暮らしに密着した問題に対してできること」だったことに気づいた著者。小屋での暮らしは、不便と不自由と背中合わせですが、振り返ってみると、その不便と不自由を生活の知恵と創意工夫の精神で乗り切っていくところや、住まいで営まれる「食う、寝る」という基本的な生活行為を自分らしいやり方で愉快にしていくことに妙味があったとも言います。
――不便も愉しい小屋暮らしから、よき住まいのヒントが浮かび上がります。
「線と管に繋がっていない住宅」というコンセプトもはっきりと定まっていて、設計哲学の実験という感じもします。

すっきりとしてユーモアがある文章も面白いです。


流石は建築家、小屋のキッチンなのに、こんなにシンプルで収まっています!素敵ですね~


200坪の庭もあるそうです、自然に任せた庭も味があります。

お金持ちの道楽的な感じもしますが、こういう方向の小屋もいいですね。

私がやろうとしたら、Bライフ系の小屋になってしまいそうです。


こちらは、実用一点張りの生きるための小屋、コンセプトはサバイバルです。

2014年3月15日土曜日

株式会社ライズマークで液晶モニターを無料回収してもらいました

液晶モニターが古くなり処分に困っていたのですが、

株式会社ライズマーク
無料で回収してくれるサービスをしているとのことなのでお願いしてみました。


PC本体の回収や、液晶モニターだけの回収もしてくれます。

PCや液晶モニターは処分費用が馬鹿にならないので、無料で回収してくれるのは嬉しいです!

捨てるのにお金がかかる&使えるものを廃棄するのは勿体ない気がしてしまいます。ライズマークみたいな会社に回収をしてもらえれば、廃棄をするよりかは有効活用になります。

申し込みは簡単。ネットに情報を入力すれば、希望した日の指定した時間に宅配業者が回収しに来てくれます。

私は佐川急便でした。(ライズマークさんに問題はないと思いますが、佐川の回収は時間に遅れてきましたけど・・・)

まあ、本来処分するのにお金がかかるところを、ネットからの申し込みだけで無料で回収してくれるのはありがたいですね。助かります。

基本はメールでのやりとりなので電話とかの面倒な手続きも必要ない点は良かったです。

ハードオフとかでも回収をしてくれているみたいですが、ライズマークの方がHPが見やすく、何を回収してくれるか明快に書かれている点はポイントが高かったです。

ちなみに私はこのサービスを「ポイント交換のGポイント」で知りました。
Gポイントを経由してPCを回収してもらえれば、Gポイントが付きます(200ポイント位だった気が)小銭ですけど、無料回収でGポイントを貯められます。


Bライフではないけれど、都会生活をサバイバル。
色々と情報を探しているとお得なサービスがあるもんですね。

2014年3月3日月曜日

「ポイント交換のGポイント」に登録してみました

「ポイント交換のGポイント」に登録してみました。

ポイント交換のGポイント

ポイント交換のGポイント

今まで、色々なところにバラバラにポイントがあり有効に活用できていなかったのですが、Gポイントで上手いことまとめられたらと思います。

お小遣いを稼ぐ方法として、

マクロミル
キューモニター

を良く利用しています。アンケートに答えるとポイントがもらえます。

Gポイントを利用して効率よくポイントを交換したいですね。


出資者は、NECビッグローブ株式会社と三井住友カード株式会社とのこと、結構しっかりした会社みたいです。

2014年3月2日日曜日

ネットでこつこつお小遣いを貯める方法

面白いサイトを発見したので紹介します。

ネットでお小遣いのすすめ

情報が満載で色々と参考になりますね。

私は「おすすめ活用 Gポイント」が勉強になりました。

最近は色々な会社が独自のポイントサービスを展開していて、よくポイントを失効していましたがこういうサービスを使えば効率的に使い切れそうです。

「マクロミル」「キューモニター」をちょくちょくやっていますが、Gポイントへの交換もできるみたいなんで活用してみようかと思います。


財産を築くには節約が大切なんですかね~
「靴下や重ね着のシャツなどは、継ぎハギだらけでほとんど原型をとどめていないほどに愛用する。」