2017年4月2日日曜日

「トマテ・ベルデ(tomate verde)」こと「トマティーヨ」の説明と育て方

目次
  • トマト・ベルデとは
  • 食べ方、料理
  • 育て方について
  • トマトベルが好きな土
  • 収穫
  • 害虫 ニジュウヤホシテントウ
  • トマトベルでを紹介しているブログ

トマト・ベルデとは

トマト・ベルデはメキシコの青トマトです。
未成熟なトマトではなくホオズキの一種で、ホウズキトマトとも呼ばれています。
ちなみに、日本で一般的な赤トマトとは異なる種類です。

トマトと食用ホオズキの見た目は似ていますが、植物学上はまったく異なります。

今でもメキシコでトマテといえばトマテ・ベルデ(tomate verde)のことで、 いわゆる日本でのトマトはヒトマテ(jitomate)と呼ばれています。
また、トマテ・ベルデ(tomate verde)はトマティーヨとも呼ばれます。

「トマテ・ベルデ(tomate verde)」よりも、「トマティーヨ」と言った方が通じやすいかもしれません。

 ちなみに、メキシコではみんな「青トマト」のことを「トマテ・ベルデ(tomate verde)」と呼んでいました。スーパーでも山積みになっています。

食べ方、料理

トマト・ベルデはメキシコのサルサによく使われています。
ゴルフボール大のほうずきで、袋状の外皮の中に緑色のトマトそっくりの果実が出来ます。

酸味のある果実は生食としても美味しく、サラダやピクルス、ジャム、タコソース、サンドイッチの具などに使います。

また、メキシコ料理ではモーレ・ベルデ (緑のモーレ)を作るときにも使います。
モーレ・ベルデ (緑のモーレ)は、トマトベルやアボガドを使ったソースの事です。

 
本格的なメキシコ料理のレシピが紹介されています。綺麗な写真が沢山載っていてとても楽しい本です。

育て方について

  • まき時:3~5月
  • 発芽までの日数(目安):5~12日

トマトベルが好きな土

用土は赤玉の中粒に(腐葉土か牛フン堆肥)を7:3の割合で混ぜます。
ほとんどの野菜類の植え付けに使える土になります。

水はけのよい環境を好むので鉢底から3分の1ぐらいの高さまで中粒の軽石を入れてその上に少し用土を入れて苗を(根の周りを少し崩して)据えてから残りの用土を入れるのが良いでしょう。

収穫

収穫は外皮が乾燥して茶色になった時になります。
緑色の果実は酸味があり、完全に熟した黄色い果実には甘味があります。
実の大きさは大体直径3~4cm位になります。

害虫 ニジュウヤホシテントウ

トマトベルデにつく害虫はニジュウヤホシテントウがいます。
ニジュウヤホシテントウは、ナスやジャガイモの葉を食べる害虫です。

アブラムシを食べてくれる益虫のテントウムシとは違います!

見た目は似ていますが、テントウムシトはちがい盛んに葉っぱを食べています。別名「テントウムシダマシ」ともいわれています。見つけたら捕殺しましょう。

井原さんの本にも、「ナスに集まる虫」の項目で解説されています。
井原豊の無農薬・旬の野菜づくり 井原 豊


トマトベルでを紹介しているブログ

日本でもトマティーヨを栽培している人は結構いるみたいですね。
ブログをいくつか紹介します。

0 件のコメント:

コメントを投稿